Karatedo Hiroshima Shudokan

沖縄小林流空手道


沖縄小林流空手道はその昔、首里城を中心に士族の間で発展した沖縄の古い流派の一つ「首里手」に属する。「首里手」は松村宗棍(1798〜1890)を始祖とし、松村宗棍から糸洲安恒(1831〜1915)、知花朝信(1885〜1969)へと直々に伝授された。知花朝信は、この首里手の系統を他の流派と区別し、伝統を守るため、1933年に沖縄小林流空手道と命名した。

宮平勝哉先生(1918〜)は、その知花朝信に1933年4月から師事されたのである。宮平先生は、さらに県立一中で徳田安文にも学ぶことになられた。また、さらにもうひとりの首里手の大家、本部朝基に師事する機会にも恵まれた、1937年にかけて4〜5ヶ月という短い期間ではあったが、知花先生直々の紹介で、組手を中心に教えてもらったと言われる。
宮平先生は、1948年西原村にはじめて志道館空手道場を開設され、その後、コザ市でも空手道場を開設される。また、那覇市では壷屋町に1956年9月に空手道場を開設され、現在の那覇市国場の志道館本部道場が開設されたのは1981年4月のことである。
2000年9月、宮平先生は沖縄県指定無形文化財空手道保持者に認定され現在にいたる。
宮平先生は、沖縄小林流について常日頃次のように言われています。
首里手の特長は、第一に瞬間的に力を集中することにより武力を出すことである。また、呼吸法は自然のままであり、取り立てて言うほどのものはない。力の取り方は、内から外へ取り、決して内臓を圧迫することがないから呼吸の乱れがなく、無駄な筋肉疲労もなく力を集中することが容易である。また、技は、攻防一如が必要である。
宮平先生の座右の銘は、知花朝信より受継がれた「威ありて猛からず」で、常に謙虚さを持てと説く名文です。

トップページに戻る